その他のメニュー記事一覧

日々、ちゃんと毎日髪を洗っていても、頭皮が痒く、フケが増えたという方は、ひょっとすると敏感肌の可能性もあるでしょう。沿ういう場合は手持ちのシャンプーの使用を控えましょう。敏感肌でも安全に使用できるシャンプーは添加物を使用していない石鹸です。いらない成分がカットされているので、肌にも髪にも最適で、刺激がほとんどないのです。現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉の季節が近づいてくると、敏感肌になり...

土日の連休の期間中にファスティングを初体験です。大体、準備期間と回復期間もあわせて5日の見込みです。回復食はおかゆを中心にしたものでも良いけれど、やるならカロリー控えめながらも多種の栄養素を含んでいる酵素ドリンクにもチャレンジしてみたいと考えつきました。どのくらい体重が落ちるのかとても楽しみです。ファイスティングを見聴きしたことがあるでしょうか。英語のファイスティングとは、fastという動詞の名詞...

肌の悩みで最も多いのはカサカサではないでしょうか。乾きによる問題はとてもやっかいで、それがきっかけでシワシミが出来てしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。そんな悩みにお勧めしたいのが、まずは化粧水をつける事です。肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、なるべく10秒以内で化粧水をつけるのがあるべきケア方法です。気になる肌荒れが有る場合には、セラミドを補充してください。セラミドとは角質層の中で...

妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。薬局やドラッグストア(一般用医薬品や日曜生活雑貨などを扱うセルフサービス形式の小売店をいいます)で買える胃腸薬や痛み止めについては特に問題ないのですが、確認が必要になるのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲向ことだ沿うです。とはいえ、身体に影響を与える事には変わりませんので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活して...

外出先で万が一ワキガでくさくなったら濡れタオルでせこせこと汗などふき取ると臭いが軽くなる。自己診断で体臭があるか分かると言われる。正直家族内にワキガがいてしまうと自分自身もワキガだという傾向が強い。電車内でつり革が持っているのが恐怖だと実感しているワキガの女の人は体臭ケアの対策用品を存在します。まだまだ若者だからとUVケアをあまりしていないとどんどんそばかすが出没します。大人でなくても日焼けには注...